NY外為(12日):ユーロが3日続落-ギリシャ懸念で

ニューヨーク外国為替市場で は、ユーロがドルに対し3日続落。ギリシャのデフォルト(債務不 履行)回避に向けた欧州連合(EU)の取り組みは域内経済の重しに なるとの懸念がユーロ売りにつながった。EU統計局がこの日発表 した2009年10-12月のユーロ圏実質GDP(域内総生産)速報値 は前期比0.1%増にとどまり、ユーロ圏経済への悲観を強めた。

ユーロは対ドルで、週間ベースでは5週続落と、約1年ぶりの長 期下落局面となる。ユーロ圏GDPの増加率は市場予想を下回った。 ブラジル・レアルはドルに対し1週間で最大の下げ。中国が過熱する 景気を冷ますため、預金準備率の引き上げを決めたことに反応した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替グループのマネジ ングディレクター、サマルジット・シャンカー氏(ボストン在勤) は「市場は救済を望んでいる」と指摘。「必然的に欧州域内の貿易 の多くは、ユーロ圏周辺部の混乱から影響を受けることになり、そ れはユーロにとってマイナスだ」と述べた。

ユーロはドルに対し一時、前日比1.2%安の1ユーロ=

1.3532ドルと、昨年5月19日以来の安値を付けた。ニューヨー ク時間午後4時12分現在は1.3619ドル。対円では1ユーロ=122 円55銭に下げた(前日は122円90銭)。円はドルに対し値下がり し、1ドル=89円98銭(前日は89円77銭)。

第4四半期のユーロ圏GDP(域内総生産)速報値は、ブルーム バーグがまとめたエコノミスト調査では同0.3%増と見込まれていた。 またこの日発表された第4四半期のドイツの実質GDPは、前期比横 ばいとなった。

具体的な支援策

ブラジル・レアルはドルに対し一時1.6%安の1ドル=1.8732 レアルと、4日以降で最大の下げ。中国人民銀行は、融資の伸び加速 や不動産価格の上昇を受け、ここ1カ月で2回目の預金準備率引き上 げを決めた。

11日に公表されたEU首脳会合の声明は、ギリシャの債務危機に 対する具体的な支援策を提示するには至らなかった。また、ギリシャ やスペイン、ポルトガルといった財政赤字削減に苦しむ国の国債に対 する投機的な攻撃の波が発生した場合への対応は棚上げされた。

スイスの銀行UBSの為替ストラテジスト、ジェフリー・ユー氏 は、「11日の声明でユーロ圏は多少時間を稼ぐことができたが、近い うち具体的に何か実施しなければ、ユーロに対する下振れ圧力は根強 く残るだろう」と指摘。GDPの数字は「ユーロ圏の指導者に対しギ リシャ問題の解決を一段と促すことになりそうだ」と述べた。

「予想に届かず」

エンジニアリングでドイツ最大手のシーメンスは、09年9月通期 に売上高全体の44%を他の欧州各国が占めた。

BNPパリバのアナリストは、12日付のリポートで「欧州経済通 貨同盟(EMU=ユーロ圏)の第4四半期GDP成長率が0.1%にと どまり、鉱工業生産も予想に届かなかったことは、EMUとの貿易に 依存する国にとっては悪い兆しだ」と指摘。「ドイツは欧州の周辺部で の需要急減の影響で域内各国向けの輸出が厳しくなっていると感じて いる。ドイツの輸出企業には新たな輸出先が必要だ」と記した。

原題:Euro Falls for Third Day Versus Dollar, Yen

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE