仏ミシュラン:F1復帰に向け協議中-ルール変更が条件

世界2位のタイヤメーカー、フ ランスのミシュランは、世界最高峰の自動車レース、フォーミュラ ワン(F1)のタイヤ供給社として復帰すべく協議中だ。同社はま た、エネルギー効率の良いタイヤを選定するようF1の統括団体、 国際自動車連盟(FIA)に対しルール変更を求めている。ミシュ ランの経営幹部が明らかにした。

ミシュランのマネジングパートナー、ジャンドミニク・スナー ル 氏によると、同社はFIAと「正式な協議」を行っている。同 氏はパリでのインタビューで、「F1への復帰を検討する可能性は あるが、それには極めて明確な条件がいくつかある」とし、「特に エネルギー効率と二酸化炭素の削減という点で性能を示すように」 規則を変更することを挙げた。

現在F1の単独タイヤ供給社であるブリヂストンは、昨年11 月2日にコスト削減のため2010年末でタイヤ供給を打ち切ると発 表。F1は2011年シーズンの供給先を選定する必要に迫られてい る。ほぼ30年にわたりF1へタイヤを供給していたミシュランは、 FIAが1社独占供給を決定したことが競争を妨げたとし、2006 年に撤退した。

セナール氏によると、タイヤ性能が重視されれば単独供給社と してでも復帰を検討するもようだ。

FIAの広報担当者、ガス・グローバー氏からはコメントは得 られなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE