2月12日の欧州マーケットサマリー:株安、中国準備率引き上げ嫌気

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3627 1.3693 ドル/円 89.94 89.77 ユーロ/円 122.55 122.90

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 241.02 -.72 -.3% 英FT100 5,142.45 -19.03 -.4% 独DAX 5,500.39 -3.54 -.1% 仏CAC40 3,599.07 -17.68 -.5%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .98% -.06 独国債10年物 3.19% -.04 英国債10年物 4.04% +.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,082.00 +5.75 +.53% 原油 北海ブレント 72.46 -1.66 -2.24%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は5日ぶりに下落。中国が預金準備率の引き上げを決 めたことが嫌気された。ドイツの鉄鋼最大手ティッセンクルップやイタ リア最大の石油会社Eniが予想を上回る決算を発表したものの、相場 全体の押し上げにはつながらなかった。

欧州2位の自動車メーカー、フランスのプジョーシトロエングルー プ(PSA)が下落し、自動車メーカーの下げの中心となった。中国が ここ1カ月で2回目の預金準備率引き上げを決めたことが背景。一方、 ティッセンクルップやEniは上昇した。

ダウ欧州600指数は前日比0.3%安の241.02で引けた。同指数は 週間では1.5%高。

KBLリシュリュー(パリ)のアナリスト、ブノワ・ドブロシア 氏 は「これは中国当局の明確な政策表明だ」と指摘。「市場の見方からす れば、われわれが中国の成長に対して楽観的過ぎたかどうかが問題だ」 と述べた。

12日の西欧市場では、18カ国のうち12カ国の主要株価指数が下 落。ダウ・ユーロ50種指数は前日比0.2%安、ダウ・欧州50種指数

0.1%値下がり。

ティッセンクルップは高い

ティッセンクルップは2.8%高。同社が発表した09年10-12月 (第1四半期)決算で、調整後利益は税引き前ベースで2億3700万ユ ーロ。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は1億1160万ユ ーロだった。

Eniは1.1%高。同社の10-12月(第4四半期)決算で、純利 益は13億9000万ユーロと前年同期比29%減少したものの、アナリス ト予想平均の12億2000万ユーロを上回った。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではギリシャ国債が4日ぶりに下落。ドイツ国債に対す るプレミアム(上乗せ利回り)が拡大した。欧州連合(EU)がギリシ ャへの金融支援を回避するとの懸念が高まったことが背景にある。

ギリシャ2年債は一時上昇したものの、下げに転じた。ギリシ ャ政府が2009年の最初の3四半期のGDP(国内総生産)統計を 下方修正し、同国のリセッション(景気後退)が当初よりも深刻な ことが示されたことがきっかけ。ドイツのメルケル首相を含むユー ロ圏首脳らは11日、財政赤字削減に取り組んでいるギリシャへの 支援として「断固とした協調行動を取る」と表明した一方、融資や 資金などを提供するには至らなかった。

ノムラ・インターナショナル(ロンドン)の欧州金利戦略責任 者、チャールズ・ディーベル氏は、「ギリシャ支援を表明したこと で、EUは人々が売りをやめることを期待していた。だが、市場は こうした状況ではないと伝えているようだ」と述べ、「圧力が強ま っただけだ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時15分現在、ギリシャ10年債利回りは 前日比16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

6.11%。週間ベースの下げ幅は50bpに縮小した。2年債利回り は5.14%と、前日からほぼ変わらず。ギリシャ10年債の独10年 債に対するプレミアムは293bpと、前日の273bpから拡大した。

一方、ドイツ国債は5日ぶりに上昇。ドイツ連邦統計庁の12 日発表で、09年10-12月期の同国GDP(国内総生産)は、事 前予想に反し、前期比横ばいとなったことが材料。エコノミストの 予想平均では、0.2%増と見込まれていた。

独10年債利回りは前日比4bp低下の3.19%。週間ベース ででは依然として7bpの上昇となった。同国債(表面利率3.25%、 2020年1月償還)価格は前日比0.36ポイント上げ100.50。2 年債利回りは1.01%と、前日を3bp下回った。

◎英国債市場

英国債相場は下落。欧州連合(EU)加盟国の首脳が今週、域内最 大の赤字を抱えるギリシャに対する支援を表明したことがきっかけ。

ギリシャ支援合意で景気回復が促進されるとの期待から、株式相 場が上昇した。FT100指数は週間ベースとしては1月8日終了週以 来のプラスとなった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の金利ストラテジスト、ジェーソン・シンプソン氏(ロンドン在勤) は「リスク意欲の改善と株式相場の持ち直しが英国債への重しとなっ た」と語った。

10年債利回りは4.04%。一時は4.09%まで上げた。週間ベース では16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。2年 債利回りは前日比1bp上昇し1.16%。1.20%まで上げる場面もあ った。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE