中国預金準備率、今年前半に18%まで引き上げも-シティの沈氏

シティグループの大中華圏担当チ ーフエコノミスト、沈明高氏(香港在勤)は、中国人民銀行(中央銀 行)がここ1カ月で2回目の預金準備率引き上げを決めたことなどに ついて以下の通りコメントした。現行の預金準備率は大手銀行が16%、 中小銀行は14%となっている。

「預金準備率は今年前半に、18%まで引き上げられる可能性があ る。また消費者物価指数(CPI)の年間上昇率は3.7%に達する公 算だ」

「インフレ圧力は非常に強い。これが再度の預金準備率引き上げ につながった。1月のCPI上昇率は1.5%にすぎなかったが、生産 者物価指数(PPI)と通貨供給量M1(現金と翌日物預金)の伸び のペースはかなり速かった。さらに、全国的に賃上げの圧力に直面し ている」

「人民銀が利上げを実施するかは消費者物価上昇の度合い次第だ。 インフレ加速が続けば、利上げに踏み切る可能性は非常に高い。イン フレのペースが穏やかなものにとどまれば、その可能性は低いだろう。 当行は依然として、CPIが新たな高水準を付けると思われる7-9 月(第3四半期)までは恐らく、利上げはないとみている」

--Judy Chen. Editor: Richard Dobson.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or Xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE