ドバイ債:保証コストが上昇、昨年11月来の高水準-CDS取引

12日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ 首長国の債券に対する保証コストが上昇した。ドバイの国有投資会社 ドバイ・ワールドが債務返済延期を要請した昨年11月以来の高水準 となった。

CMAデータビジョンによると、ドバイ債のCDSスプレッドは ロンドン時間午後2時14分現在は638ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)と、前日の585bpから大幅上昇し、昨年11月27 日以来の高水準を付けた。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) のデータによると、ドバイのイスラム債(2014年償還)は額面1ド ルに対し87.125セントと、前日の同89セントから下落。昨年10 月に起債されて以来の最安値となった。

世界で最も高いビルを建設したドバイ・ワールドは昨年11月、 債務220億ドル(約1兆9800億円)の再編に向け、債権者に対し て「スタンドスティル(停止)」合意を求めた。ただ、ドバイ・ワール ドはまだ債権者に債務凍結計画を示しておらず、合意予定時期も明ら かにしていない。

CDSスプレッドはデフォルト(債務不履行)に対して債券を保 証するコストの指標となっている。CDSスプレッド1bpは5年間 の債務1000万ドルに対する年間保証料1000ドルを意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE