ギリシャはリーマンにならない、国債保有を拡大-ブラックロック

世界最大の資産運用会社、米ブラ ックロックは、ギリシャ国債の保有を拡大した。欧州連合(EU)が 同国をデフォルト(債務不履行)させることはないと見込んでいるた めだ。ギリシャはパパンドレウ首相の下で欧州最悪の財政赤字の削減 に取り組んでいる。

格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィ ッチ・レーティングス、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが ギリシャの信用格付けを昨年12月に引き下げた後も、ブラックロッ クはギリシャ国債を、ベンチマークよりも投資配分を大きくする「オ ーバーウエート」にしている。

ブラックロックの欧州債券部門共同責任者、マイケル・クラウツ バーガー氏(ロンドン在勤)は、EU首脳が11日にギリシャの財政 再建への支援を表明した後に、この戦略を「当面」続けると語った。

同氏は、EUは「リーマン・ブラザーズ型の危機が起こることを 座視しないだろう。市場は欧州での政府デフォルトが差し迫っている かのように懸念しているが、欧州は結束しているため、そのような事 態にはならない」と述べた。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) が共同で算出するブルームバーグ・EFFAS指数によると、ギリシ ャ国債の年初来のリターン(投資収益率)はマイナス0.76%と、構成 銘柄中でポルトガルに次ぐ低パフォーマンス。これに対してオースト リアはプラス1.98%で最良となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE