三菱化学:活性炭合弁事業を解消-米カルゴンに全株売却

三菱ケミカルホールディングス傘下 の三菱化学は12日、活性炭事業の合弁会社である三菱カルゴンの保有全 株式を米カルゴン・カーボン(ペンシルベニア州)に売却し、合弁を解 消すると発表した。

三菱カルゴンは2002年10月に三菱化学と米カルゴンの共同出資で発 足したが、原料炭価格高騰の影響で生産を停止していた。三菱化学の出 資比率は51%で、2011年3月末までに持ち分をすべて譲渡する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE