ソニーFHD:4-12月期純利益338億円、生保事業で資産運用が好調

ソニーフィナンシャルホールディン グスの2009年4-12月期の連結純利益は、前年同期比65%増の338億 円になった。主力の生命保険事業で資産運用収益が増加したほか、損害 保険事業では自動車保険の保有契約件数が増えて収益を押し上げた。

同社が東証で12日開示した資料によると、経常収益は同13%増の 7207億円、経常利益は同77%増の583億円だった。通期(2010年3月 期)の連結純利益予想は、前期比47%増の450億円。資産運用収益が増 加する見込みという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE