ヤマハ発:今期は営業黒字、純損益ゼロ予想-前期は赤字

自動二輪車生産で世界2位、ヤ マハ発動機は今期(2010年12月期)連結業績予想で、営業損益が 黒字転換するほか、純損益がゼロの見通し。前期(09年12月期)は いずれも大幅赤字だった。欧米での流通在庫圧縮や経費削減による体 質改善の進展などを見込んでいる。

ヤマハ発が12日に発表した今期予想は、売上高が前期比8.4% 増の1兆2500億円、営業利益が100億円と黒字転換する。

前期は、売上高が前の期と比べて28%減の1兆1536億円、営 業損失は626億円(前の期484億円の黒字)、純損失が2161億円 (同19億円の黒字)だった。主力の二輪事業の売上高が落ち込んだ ほか、多額の事業構造改善費用を特別損失に計上したことなどが響い た。決算結果や無配を受け、役員・執行役員の報酬の減額幅を拡大し た。

また、ヤマハ発は同日、2012年の連結売上高1兆4000億円、 営業利益700億円などを目標とする3カ年の中期経営計画を発表。 生産体制再編成など先進国事業の収益構造改革や、新興国事業の量 的・質的拡大、さらに世界戦略モデルの投入や超低燃費エンジン開発 の加速など将来成長シナリオ実現を掲げた。

構造改革では、12年までに国内12工場を7工場とし、海外9 工場を7工場にする。また、10年に追加の人員削減1000人を計画。 国内で希望退職を中心に800人、欧米で200人としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE