中国中銀、春節後に預金準備率0.5ポイント上げも-CICC

中国国際金融(CICC)は、 中国人民銀行(中央銀行)が13日に始まる春節(旧正月)の連休 の後に預金準備率を0.5ポイント引き上げる可能性があるとの見通 しを示した。

CICCのチーフエコノミスト、哈継銘氏(香港在勤)は12日、 連休中の需要に備えて資金が供給されたことに加え、中銀手形が満 期を迎えるなか、預金準備率の引き上げは余剰流動性の吸収と「イ ンフレ期待の抑制」につながると指摘した。電子メールでリポート を配布した。

同氏によると、預金準備率は19日まで続く春節後、3月末まで に引き上げられる可能性が高いという。

人民銀は先月、不動産価格の大幅な上昇やインフレ圧力の戻り を受けて、預金準備率を2008年6月以降初めて引き上げた。同中 銀は11日、金融情勢を「段階的に」危機モードから平時に戻す上 で、複数の政策手段の活用が可能との考えを示している。

--Paul Panckhurst. Editors: Cherian Thomas, Russell Ward

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Panckhurst in Beijing at +86-10-6649-7574 or ppanckhurst@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Dwyer at +61-2-9777-8651 or mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE