オバマ米大統領、ダライ・ラマ14世と18日会談へ-中国は中止を要求

オバマ米大統領はチベット仏教最 高指導者ダライ・ラマ14世と来週ホワイトハウスで会談する。ギブズ 大統領報道官が発表した。中国は米政府に対し、会談中止を求めてい る。

18日に予定されている大統領とダライ・ラマの会談で、米中間の 摩擦が一層激しくなる恐れがある。中国政府当局者はダライ・ラマと 会談する米政権の方針を非難してきた。

ギブズ報道官は11日の記者会見で、「中国側とは相互の利益や関 心を持つ問題で同意できる程度には成熟した関係にあると考えている」 としながら、すべての問題で意見が一致するわけではないと語った。

中国国営の新華社通信は、米政府がダライ・ラマと会談する方針 を「直ちに撤回」すべきだと外務省の馬朝旭報道局長が12日述べたと 伝えた。中国共産党のチベット問題担当、朱維群氏は2日、オバマ大 統領とダライ・ラマとの会談は「米中関係の政治的基盤を著しく損な う」ことになるだろうと話していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE