中国経済は減速の見込み、工業用資材市況に打撃-ファーバー氏

投資家マーク・ファーバー氏は、 中国経済は「大幅に」減速する上、「クラッシュ」のリスクを抱えてい る可能性もあるとの認識を示した。同国の過剰設備や今後の融資の鈍 化を理由に挙げている。

ファーバー氏は、「短期的」にみて、中国の脆弱(ぜいじゃく)な 経済は工業用資材の市況に悪影響を及ぼす可能性があると指摘した。

中国の昨年10-12月期の国内総生産(GDP)は前年同期比

10.7%増と、2007年以来の高成長を記録。中国人民銀行(中央銀行) が先月、預金準備率を引き上げたにもかかわらず、1月の新規融資は それ以前の3カ月の合計を上回り、不動産価格も1年9カ月ぶりの大 幅上昇となった。

ファーバー氏は、ブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で「今年の中国経済が大幅に減速するのは確実だ」と指摘。「設備過剰 になったため、クラッシュの可能性もある。融資の伸びが鈍化した時 に、景気がどのように反応するか見当がつかない」と語った。

同氏はまた、中国経済がクラッシュすれば、工業用資材市況に「破 滅的」な影響をもたらすと指摘。一方で小麦やトウモロコシ、大豆な どの商品には投資妙味があるとの見方を示した。金についても「大幅 な下落リスク」はないとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE