1月の米小売売上高は0.3%増か、個人消費の回復持続を示唆-BN調

米商務省が12日発表する1月 の小売売上高は、この4カ月で3回目の増加となり、昨年後半から 始まった個人消費の回復が今年も持続することが示されるとエコノ ミストは予想している。

ブルームバーグが金融・調査機関82社を対象に実施した調査 の中央値では、1月の小売売上高は前月比0.3%増となる見込み。 昨年12月は同0.3%減だった。自動車を除いたベースでは前月比

0.5%増(77社の予想中央値)とみられる。前月は0.2%減。また、 2月の消費者心理は改善し、昨年12月の企業在庫は増加したと見 込まれる。

ドイチェ・バンク・セキュリティーズのシニアエコノミスト、 カール・リカドンナ氏(ニューヨーク在勤)は「個人消費はゆっく りと回復しつつある」と指摘。「鉱工業と設備投資主導型の回復」 が進んでおり、それが雇用と所得を通じて消費者に浸透していくだ ろうと語った。

小売売上高は午前8時半(ワシントン時間、以下同じ)に発表 される。予想レンジは前月比1%減-0.7%増。

午前9時55分には2月のロイター・ミシガン大学消費者マイ ンド指数(速報値)が公表される。73社を対象に実施した調査の 中央値では75と、1月確定値の74.4から上昇し、2年ぶり高水準 に達するとみられる。2007年12月まで続いた景気拡大期における 平均は88.9だった。

商務省が午前10時に発表する09年12月の企業在庫は、前月 比0.2%増(58社の中央値)と、3カ月連続で増加したとみられる。 昨年11月は同0.4%増だった。

-- With assistance from Chris Middleton and Cotten Timberlake In Washington. Editors: Carlos Torres, Brendan Murray

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE