日産自、欧州小型車で新たな提携先必要も-スズキへの独VW出資で

日本の自動車メーカー3位、日産 自動車は、同社の小型車「ピクソ」を供給するスズキがドイツのフォ ルクスワーゲン(VW)と資本業務提携したのを受け、欧州の小型車 生産で新たなパートナーを探す必要に迫られるとの見通しを示した。

日産のコリン・ドッジ副社長はインタビューで、「欧州での小型車 戦略がスズキのVWとの提携後も引き続き有効かどうかは分からない」 と述べ、「有効ではないと考える人が多い。われわれはそれについて考 慮中だ」と語った。

ピクソの供給が止まれば、日産は伊フィアットの「パンダ」やV Wの「ルポ」と競合できる低コストの欧州向け小型車モデルがなくな る。この車種は依然として成長している数少ない分野の1つ。米クラ イスラーは昨年、伊フィアットによる経営権取得を受けて日産との相 互OEM(相手先ブランドによる生産)供給契約を解消しており、日 産の生産ラインアップ計画に新たな空白部分が生じることになる。

スズキの広報担当者の水吉琢磨氏とは現時点では連絡が取れてい ない。VW広報のミヒャエル・ブレンデル氏は、同社がスズキと日産 の提携解消を図るかどうかについてコメントしないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE