米リセッション以降失われた雇用の25%は今後回復せず-WSJ紙

米経済のリセッション(景気後退) 入り以来失われた840万人の雇用のうち約25%は今後回復することがな いだろう、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が11日伝 えた。エコノミスト55人を対象とした調査結果を引用している。同紙に よると、雇用回復期の新たな職場は過去に失われた仕事とは異なると予 想されている。米失業率は1月の9.7%から年末までに9.4%に低下する とみられている。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の評 価は平均78点。WSJによると、エコノミスト全員がすべての質問に回 答したわけではない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE