電通株が買い気配、広告市場に底打ち感-投資判断引き上げ相次ぐ

電通株が買い気配で始まっている。 同社は10日、2010年3月期の連結純利益予想を従来の164億円から50% 上方修正し、246億円とした。第3四半期連結会計期間の業績が計画を 上回ったため。前期は205億円の赤字。広告市場の底打ち感浮上を受け る格好で買い注文が先行、JPモルガン証券では、投資判断を「中立」 から「オーバーウエート」に引き上げている。午前9時9分現在の気配 値は2087円、10日終値は1997円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE