日経平均1万円回復、ギリシャ支援合意を好感-資源や輸出関連買い

東京株式相場は続伸。日経平均株 価は終値で、心理的な節目の1万円を4営業日ぶりに回復した。ギリ シャの財政問題に関して欧州連合(EU)が支援で合意したことなど を好感し、資源や輸出関連株中心に上昇。東証1部の業種別33指数の 上昇率上位は、卸売や非鉄金属などが占めた。

日経平均株価の終値は前営業日比128円20銭(1.3%)高の1万 92円19銭、TOPIXは8.66ポイント(1%)高の892.16

DIAMアセットマネジメントの平川康彦ファンドマネージャー は、「ギリシャ財政問題は完全に悪材料出尽くしではないが、何らかの 手立てに向け一歩踏み出したと評価できる」と指摘。今後については、 「どういう形で具体的にセーフティネットが構築されるか、を見極め る段階に入る」と話した。

日経平均は午前半ばに伸び悩む場面もあったが、午後の取引後半 にかけてじりじりと上昇。EU会合や日経225オプション2月限の特 別清算値(SQ)算出などイベントを通過し、1月15日高値からの調 整に対する下げ止まりの兆しも見えてきたようだ。「第3週はどこまで 上値をライできるか、という点で重要な週になる」と、立花証券の平 野憲一執行役員は言う。

11日のEU首脳会合では、ギリシャに財政赤字の抑制を命じるこ とで合意、統一通貨ユーロにとって危機の沈静化に向け、断固とした 行動を取る用意があると表明した。同日の米国株市場や国際商品市場 はこれを好感する形で上昇。休場前の10日の日本株相場は、リスク回 避の動きから午後に伸び悩んだ経緯もあっただけに、きょうは外需依 存度の高い業種を中心に見直しの買いが優勢になった。

資源が上昇率上位、中国消費者物価も後押し

業種別33指数の上昇率上位に入ったのは卸売、非鉄金属、鉱業な どの資源関連株。DIAMアセットの平川氏によると、「中国のインフ レが加速していたわけではなかったことで、金融引き締めによる景気 のオーバーキル(過剰に落ち込ませる)にならないとの安心感があっ た」という。

11日に発表された中国の1月の消費者物価指数(CPI)は前年 同月比1.5%上昇と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の 予想中央値(2.1%上昇)を下回った。

東証1部の売買高は概算で20億7028万株、売買代金は同1兆 3663 億円。値上がり銘柄数は1017、値下がり501。取引開始時に算出 された日経225オプション2月限のSQは1万99円59銭と、10日の 日経平均終値の9963円99銭を135円60銭上回った。

GSユアサが大幅高、消費者金融は急落

個別銘柄では、ジーエス・ユアサ コーポレーションが大幅高。大 和証券キャピタル・マーケッツはGSユアサが増額修正した10年3月 期営業利益計画をさらに上回る暫定予想を示した。09年4-12月期連 結経常利益が通期計画を上回り、クレディ・スイス証券がポジティブ な印象とした太平洋セメント、10年12月期の連結営業利益は前期比 85%増を見込む旭硝子も急伸。

半面、消費者ローンの規制を強化する改正貸金業法が予定通り6 月から完全施行される公算が大きくなった、と12日付の日本経済新聞 朝刊が報じ、プロミスや武富士、アイフルはそろって東証1部の下落 率上位に入った。自己株式の処分による売り出しを実施するフォスタ ー電機は、需給悪化が懸念され急落。午後に、日経テレコンが公募増 資を実施する方針を固めたと伝えた池田泉州ホールディングスは、需 給悪化懸念で東証1部の値下がり率1位になった。

新興3市場も続伸

国内新興3市場も続伸。ジャスダック指数の終値は前営業日比

0.5%高の50.00と3連騰。東証マザーズ指数は0.9%高の392.63、大 証ヘラクレス指数は1.2%高の560.24とともに続伸した。

発行済み株式総数の2.78%に相当する1000株を上限に自己株式 を取得するウェブクルー、09年4-12月期の単独営業損益が黒字(前 年同期は赤字)を確保した田中化学研究所が急伸。大日本印刷が株式 を公開買い付け(TOB)するインテリジェントウェイブはストップ 高。売買代金上位ではユビキタス、グリー、ベクターが高い。

半面、10年12月期の単独営業利益が前期比22%減見通しのベル パーク、第三者割当増資による1株利益希薄化が懸念された総和地所 はそろって急落した。売買代金上位ではマネーパートナーズグループ、 一建設、ACCESSが安い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE