米ガネット:USAトゥデー紙の従業員約1500人、無給休暇取得へ

米紙USAトゥデーを発行する 米ガネットは、同紙の従業員約1500人を対象に、今月から7月に かけて1週間の無給休暇を取得させる。広告収入と発行部数の落ち 込みに対応するためで、従業員にあてたメモで明らかになった。

同紙の発行人、デービッド・フンケ氏は11日、従業員にあてた メモで、2009年2月から実施している昇給凍結を少なくとも90日 間延長することも伝えた。

フンケ氏はメモで「広告収入は全国的に依然として前年を下回 っており、USAトゥデーでも有料広告のページ数が減った」と指 摘。09年10-12月(第4四半期)は「発行部数も減少し続けた」 と説明した。

USAトゥデーの広報担当、エド・キャシディ氏は電子メール で、メモの内容を確認した。

-- Editors: Elizabeth Wollman, Andrew Dunn

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Greg Bensinger in New York at +1-212-617-8557 or gbensinger1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jennifer Sondag at +1-212-617-2716 or jsondag@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE