新興市場株:1週間ぶり高値-中国インフレ鈍化、EUギリシャ対応で

11日の新興市場株は1週間ぶりの 高値に上昇。商品の値上がりに加えて、中国のインフレ率の予想外の 鈍化や、欧州連合(EU)首脳がギリシャの債務危機への対応で合意 したことが影響した。

MSCI新興市場指数は前日比1.1%高の922.91で終了。ブラジ ルのボべスパ指数は4日続伸。中国の上海総合指数も3日続伸。同国 の1月の消費者物価指数(CPI)が予想に反して前月を下回る伸び にとどまり、利上げ懸念が後退した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE