欧州債:ギリシャ債3日続伸、EUの危機対応合意で

欧州債市場ではギリシャ国債が3 日続伸。欧州連合(EU)首脳らはギリシャに財政赤字の抑制を命じ、 会合を終了した。ただ、ギリシャの財政規律に向けた具体策を講じる には至らなかった。

ファンロンパイEU大統領はブリュッセルで、「ユーロ圏全体の 金融安定を守るために必要ならば、加盟国は断固とした協調行動を取 る」と表明。EU当局者は、ユーロ圏首脳がギリシャ向け融資制度の 設立に向け協議していると述べた。ギリシャからの金融支援要請はな かったとの声明発表を受けて、ギリシャ国債は上げ幅を縮小した一方、 ドイツ債はやや下げ渋った。

コメルツ銀行の債券戦略部門の共同責任者、クリストフ・リーガ ー氏(フランクフルト在勤)は、ギリシャ救済に関する「発表を見込 んでこれまで相場が動いたことを考慮すると、この日のニュースは大 した内容ではない」と指摘し、「明確な方向性が得られるまで、相場 の不安定な状態は続くだろう」と述べた。

ロンドン時間午後4時7分現在、ギリシャ2年債利回りは前日比 39ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.10%。一 時は62bp低下した。8日時点では6.68%だった。10年債利回り は9bp低下し5.93%。この日は25bp低下する場面もあった。

一方、独10年債利回りは前日比3bp上昇の3.23%。一時は6 bp上昇した。同国債(表面利率3.25%、2020年1月償還)価格は

0.25ポイント下げ100.18。2年債利回りは1.05%と、前日を1b p上回った。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、ギリシ ャ国債の保証コストが9.5bp低下し347.5bp。ポルトガル債の保 証コストは4.5bp低下し186bp。

フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は記者団に 対し、今回の声明の狙いはすべての利害関係者がギリシャの財政赤字 削減努力を支援していることを投資家に説得することだと説明した。

ポルトガルの10年国債利回りは13bp低下し4.40%。2年国 債利回りは19bp低下の1.55%。一方、スペインの10年国債利回 りは1bp上昇し3.99%。イタリアの10年国債利回りは2bp上昇 し4.03%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE