独連銀総裁:国内経済の1-3月縮小の可能性排除できない-ロイター

ドイツ連邦銀行のウェーバー総 裁は、国内経済が1-3月(第1四半期)に縮小する可能性を排除で きないとの認識を示した。ロイター通信が同総裁とのインタビューを 基に報じた。

報道によれば、同総裁はドイツ経済について「好ましくない天候 状況を考慮すると、第1四半期に横ばい、あるいは若干後退する可能 性さえ排除することはできない」と指摘。「6週間にわたり気温が異例 に低かったことから、これが一時的に影響する可能性がある」と付け 加えた。4-6月(第2四半期)に関しては「追いつき過程で押し上 げられるだろう」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Vits in Frankfurt at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE