グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3日続伸し、指標のハンセン指数は1週間ぶり高 値で引けた。中国の1月の消費者物価の伸びが低下したことを受けて 引き締め政策への懸念が後退した。香港の東亜銀行(23 HK)が黒字 を回復したことも地合いを好転させた。

中国最大の石炭生産会社、中国神華能源(1088 HK)が3%高。 同国4位の石炭会社の1部門、エン州煤炭(1171 HK)も2.9%上 げた。中国政府系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は2.5% 高。世茂房地産(813 HK)は3.1%上昇した。

時価総額で香港3位の銀行、東亜銀行は2009年7-12月(下 期)が黒字となり、3%上げた。

中国の1月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.5%上昇 となった。昨年12月は1.9%上昇。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想では、1月は2.1%上昇が見込まれていた。

このほか、中国政府系の香港投資会社Citicパシフィック (中信泰富、267 HK)はモルガン・スタンレーが「オーバーウエー ト」で投資判断を開始したことから5.2%高。香港最大の航空会社、 キャセイ航空(293 HK)もバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリ ルリンチが投資判断を「買い」に引き上げたことから3.8%上昇した。

ハンセン指数は前日比368.47ポイント(1.9%)高の

20290.69と4日以来の高値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指 数は同2.1%高の11582.31。

【中国株式市況】

中国株式は3日続伸。上昇をけん引したのは鉄鋼メーカーと不 動産デベロッパー。同日発表された1月の消費者物価指数(CPI) が事前予想を下回る伸びにとどまり、中国人民銀行(中央銀行)によ る利上げ時期が先に延びるとの観測が強まった。

中国最大の鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄(600019 CH)は5.7%の 大幅高。同業の河北鋼鉄(000709 CH)は2.7%の値上がり。鉄鋼 需要が拡大するとの見通しが手掛かりとなった。不動産開発会社の保 利房地産集団は1.6%高。同日発表された中国70都市の1月の不動 産価格が前年同月比で9.5%上昇と、この1年9カ月で最も大きな伸 び率を示したことがプラス材料となった。中国最大の希土類(レアア ース)鉱山を所有する内蒙古包鋼稀土高科技(600111 CH)は

5.4%の大幅上昇。同社の国際取引部門は、内モンゴル自治区政府か らレアアースの独自備蓄について承認を受けた。

一方、中国最大の国有投資グループ傘下の中国光大証券 (601788 CH)は下落。出来高が減少し、利益に打撃が出るとの懸 念が広まった。

HSBCジントラスト・ファンド・マネジメントで12億ドル (約1080億円)相当の運用に携わるアリ・ワン氏(上海在勤)は 「CPIが落ち着いているようなので、直ちに利下げを行う緊急性は 低下した」と指摘。その上で「しかし、引き締めへの懸念は依然とし て市場にくすぶっており、今後数カ月間の経済統計は注視する必要が ある」と語った。

中国国家統計局が発表した1月のCPIは前年同月比1.5%の 上昇だった。ブルームバーグがエコノミストを対象に実施した調査の 平均では2.1%上昇が見込まれていた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比3ポイント(0.1%)高の2985.50。 上昇銘柄と下落銘柄の割合は約2対3。上海、深セン両証取のA株に 連動しているCSI300指数は同0.2%高の3220.40。

来週は春節(旧正月)の祝日のため、市場は休場となる。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。インドの輸出が1月に増加したほか、不 動産開発で国内最大手のDLFが需要改善を指摘したことが好感され た。指標のセンセックス30種株価指数は週間ベースで4週ぶりプラ スとなった。

DLFは1.8%上げた。同社幹部は1月の住宅販売には需要が増 加する兆しが見られたと述べた。インド最大の鉄鋼会社、タタ・スチ ールを中心に金属メーカーも上昇。金利上昇が需要を抑制するとの懸 念を背景に、DLFとタタ・スチールはセンセックス指数の中でパフ ォーマンス最悪の10銘柄に入っている。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比230.42ポイン ト(1.5%)高の16152.59で終了。今週の上昇率は1.5%となっ た。同指数の先月6日からの下落率は8.8%。12日のインド株式市 場は祝日のため休場となる。

DLF(DLFU IN)の終値は307.00ルピー。年初来の下落率 は15%に縮小した。タタ・スチール(TATA IN)は2.2%高の

533.95ルピーで引けた。年初来では14%安となっている。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比40.9ポイント(0.9%)高の4554.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比27.69ポイント(1.8%)高の

1597.81。

【台湾株式市況】

11日の台湾証券取引所は休場日のため、取引はなかった。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比19.24ポイント(0.7%)高の2753.63。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比3.25ポイン ト(0.3%)高の1249.42。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比7.00ポイント(1%)高の695.41。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比24.31ポイント(1%)高の

2507.75。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比51.64ポイント(1.8%)高の

2908.88。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE