トヨタ社長に証言を要請、24日の公聴会-イサ下院議員

トヨタ自動車の豊田章男社長に対 し、米議会公聴会で証言するよう共和党の米下院議員から要請があった。

下院監督・政府改革委員会メンバーのダレル・イサ議員(共和党、 カリフォルニア州)は10日、同委員会の24日の公聴会に豊田社長の出 席を求めたことを電子メールで明らかにした。

トヨタは、豊田社長へのイサ議員の関心を尊重するとし、同社長が 米国を訪れた際に米議員らと面談する機会を待望すると文書で応答した。 さしあたり、北米本部の稲葉良睨本部長が24日の公聴会での証言を受 諾したという。

トヨタは意図しない加速をもたらすアクセル不具合の問題で、世界 で約800万台をリコール(無料の回収・修理)した。また、ブレーキシ ステムの不具合を理由にプリウスなどのハイブリッド車43万7000台 もリコールすると9日に発表した。

アクセルペダルをめぐる米議会公聴会は10日に予定されていたが 悪天候のため延期された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE