エールフランス・KLM:10-12月赤字縮小、燃料費低下で

欧州最大の航空会社、エールフ ランス・KLMグループの2009年10-12月(第3四半期)決算は、 赤字幅が前年同期から縮小した。燃料コスト低下のほか、企業の在 庫補充による貨物需要の拡大が寄与した。

エールフランスの10日の発表によると、純損失は2億9500万 ユーロ(1株当たり1ユーロ)と、前年同期の5億800万ユーロ (同1.72ドル)から縮小した。アナリストの予想平均は純損失2億 2200万ユーロだった。

売上高は前年同期比16%減の52億ユーロ。貨物事業の売上高 の落ち込みが前期の半分程度にとどまったことが寄与した。燃料費 用は前年同期比38%減の10億500万ユーロ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE