EUサミット:ギリシャへ圧力強化、救済には至らない見通し-関係者

ブリュッセルで11日に開催さ れる欧州連合(EU)首脳会議では、ギリシャにより具体的な財政 赤字削減計画の提出を求める見通しだ。ただ、同国への救済策の発 表には至らないもよう。ドイツの政府当局者が明らにした。

ドイツやフランス、ベルギーの政府当局者はギリシャに対する 政治的圧力に加え、同国への支援策の可能性について検討している。 一方、ギリシャでは同国政府が計画する賃上げ凍結や福利厚生削減 に反対する市民の抗議行動が活発化し、学校や病院、航空会社のス トライキが実施されている。

欧州議会でドイツのメルケル首相率いる独キリスト教民主同盟 の会派に所属するマーカス・ファーバー氏は、同会派と独政府当局 者らとの話し合いに基づき、ドイツとフランスが中心となって「厳 しい前提条件」に基づくギリシャ支援を協議しているとした。さら に、独政府はEUとして計画を打ち出すよりも、2国間の枠組みの 方を望んでいると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE