米スプリント:10-12月売上高が予想下回る、加入者の解約増で

米携帯電話事業者3位のスプリ ント・ネクステルの2009年10-12月(第4四半期)決算は売上 高がアナリスト予想に届かなかった。加入者がライバル社に流れ たのが影響した。

スプリントが発表した資料によると売上高は6.7%減の78億 7000万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均では 80億4000万ドルが見込まれていた。プリペイド方式の加入者が 増加したものの、月決めプラン加入者の解約がそれ以上のペースで 増加した。

繰り延べ税金に関連する経費3億600万ドルを含む純損失は9 億8000万ドル(1株当たり34セント)。前年同期の同16億 2000万ドル(同57セント)から赤字が縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE