12月米貿易赤字:402億ドルに拡大、輸入の伸び加速

米貿易赤字は昨年12月に予想 に反して拡大した。石油の輸入急増を背景に輸入額の伸びが輸出額を 上回った。

米商務省が10日発表した12月の貿易収支統計によると、財と サービスを合わせた貿易収支(国際収支ベース、季節調整済み)赤字 は402億ドルと、過去1年では最大になった。前月は364億ドルの 赤字だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予 想中央値は358億ドルの赤字。

国内総生産(GDP)算出に使用されるインフレを控除した実 質財収支は437億ドルの赤字(前月409億ドル)に拡大。これによ り、2009年10-12月(第4四半期)実質国 内総生産(GDP) 改定値では、純輸出寄与度が速報値の0.5%のプラスから下方修正 される可能性が高い。

輸入は前月比4.8%増の1829億ドルで、2008年11月 (1848億ドル)以来の最高となった。

一方、輸出は3.3%増の1427億ドル。8カ月連続のプラスと なり、2008年10月以来の高水準。

09年通年の貿易赤字は3807億ドルと、01年以来の低水準と なった。08年は6959億ドルだった。

ジェフリーズ(ニューヨーク)のチーフ金融エコノミスト、ウ ォード・マッカーシー氏は「米経済は回復段階にあり、この過程では 輸出と輸入の双方が増加するものだ」と指摘。「明るいニュースは、 輸入も輸出も増えることは経済が成長している兆候であることだ」と 述べた。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE