OPEC原油の需要見通しを上方修正、世界需要予想据え置き-月報

石油輸出国機構(OPEC)は今 年の原油需要見通しを上方修正した。見通し修正は液化天然ガス生 産予想の下方修正に伴う判断。

10日発表の月報によれば、世界需要の約40%を生産しているOP EC加盟国に対する来年の原油需要は日量2875万バレルと、前月の 見通しから日量15万バレル引き上げた。

OPECの次回会合は3月17日にウィーンで開かれる。今年の世 界石油消費量見通しは日量8512万バレルで据え置き。前年比で日量 80万バレルの増加に相当する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE