今日の国内市況:株は小反発・債券高、ユーロ安-ギリシャ支援注視

東京株式相場は5営業日ぶり小反 発。財政問題が懸念されているギリシャが支援を受けるとの期待から、 景気や企業業績に対する過度の懸念が後退した。世界景気の動向に敏 感な電機株のほか、ガラス・土石製品など素材関連株が上昇。昨年12 月の機械受注の好転を受けた機械株の上げも目立った。

日経平均株価の終値は前日比31円9銭(0.3%)高の9963円99 銭、TOPIXは1.93ポイント(0.2%)高の883.50。日経平均は一 時2日ぶりに1万円台を回復したが、午後終盤にかけて失速。東証1 部の売買代金は概算1兆3054億円と、2月平均(1兆5313億円)を 15%下回った。売買高は同19億2954万株。

午前こそ上値を試したものの、円安傾向の一服や米国株先物の軟 調などから午後には急速に伸び悩んだ。日経225オプション2月限の 特別清算値(SQ)算出が12日に予定されているほか、あすは東京市 場が休場となることも買い手控え要因となった。

EUの行政執行機関である欧州委員会の経済担当委員に10日付 で就任するオリ・レーン氏は9日、ギリシャ財政問題について「われ われは広義での支援について話し合っている」と述べた。また、ドイ ツのミハエル・マイスター議員は、同国議員らがギリシャへの財政支 援を検討していることを明らかにしている。

一方、取引開始前に発表された昨年12月の機械受注(船舶・電力 除く民需)は前月比20.1%増と、ブルームバーグ・ニュースの事前調 査による8%増を上回った。増加は3カ月ぶり。10-12月は前四半期 比0.5%増となったのに続き、1-3月見通しも同2%増と2四半期 連続のプラス。設備投資は厳しいものの、底入れを示唆する内容との 指摘もあり、設備投資関連が多い機械株の上昇を支援した。

もっとも、きのうの米ダウ工業株30種平均が1.5%高だったのに 比べ、株価指数の上げ幅は限定的で、日経平均は心理的な節目の1万 円を終値で回復できなかった。東証1部は値上がり銘柄(678)より値 下がり(815)の方が多く、こう着感も強かった。

ギリシャではきょうストライキが予定されているほか、あすはE U臨時首脳会議がある。

債券は小幅高-長期金利が低下

債券相場は小幅高(利回りは低下)。日経平均株価が1万円付近で 伸び悩んだことを受け、債券先物は午後の取引で買いが優勢となった。 長期金利は1.3%台半ばの買いで、1日以来の低い水準をつけた。

東京先物市場の中心限月3月物は4日続伸。前日比15銭安い139 円18銭で始まり、直後には139円16銭まで下げた。午後にはじり高 に転じて一時は139円51銭まで上昇。10銭高の139円43銭で引けた。

前日の米国市場が株高、債券安となり、日本の機械受注統計は予 想以上の増加。債券先物市場では朝方には売り優勢となった。

しかし、長期ゾーン中心に現物買いが入ったことで、先物もあす の祝日を前に持ち高調整の買い戻しが膨らんだ。日経平均株価が1万 円付近で伸び悩んだことも、債券先物の買い戻し材料とされた。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の305回債利回り は前日比1bp高い1.35%で始まり、しばらくは1.345-1.35%でもみ 合った。午後には水準を切り下げ、一時は1日以来の低水準となる

1.325%をつけた。その後は1.33%で推移した。

ユーロがじり安-ギリシャ支援注視

東京外国為替市場では、ドルが対ユーロでじり高。欧州連合(E U)によるギリシャ支援の行方やバーナンキ米連邦準備制度理事会(F RB)議長の出口戦略についての証言内容を見極めようとの意向が強 まり、ドルは前日の下げ幅を縮小した。

ユーロ・ドル相場は一時、1ユーロ=1.3734ドルまでドルの買い 戻しが進行。前日の海外市場で付けた今月4日以来のドル安水準から 約0.01ドル値を戻した。

ユーロ・円相場は午前につけた4営業日ぶりユーロ高・円安水準 の1ユーロ=124円27銭から一時、123円ちょうどまで円が反発。ド ル・円相場も4営業日ぶり円安値の1ドル=90円2銭を付けた後、89 円53銭まで値を戻す場面が見られた。

この日の東京市場は、EUなどによるギリシャ支援への期待から ユーロ買いが強まった海外市場の流れを受け継いで始まったが、午前 9時半ごろにはその動きも一巡。支援の行方が依然として不透明な中、 午後にかけてはユーロが伸び悩む展開となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE