米リーマン:アジアの投融資案件12件の追加売却図る-3カ月以内に

破たんした米金融大手リーマン・ ブラザーズ・ホールディングスは、アジアの投融資案件を今後3カ月 以内に12件追加で売却することを目指している。このうち11件の価 値は当初の投融資額を上回った。

リーマンの香港の清算人であるKPMGインターナショナルのエ ドワード・ミドルトン氏はインタビューで、売却対象の投資案件には インドネシアの炭鉱会社や中国の製造業者などが含まれていると述べ た。昨年のアジアの資産価格回復の恩恵を受けたという。

同氏は、景気刺激策も想定を上回る価格での資産処分に寄与した との見方を示した。投資案件を地域別に見ると、中国と台湾が全体の 約45%、インドが13%、インドネシアが12%、日本が10%となって いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE