12月の米貿易赤字は縮小か、8カ月連続の輸出拡大で-調査

米商務省が10日発表する2009年 12月の貿易赤字は縮小したもようだ。輸出が8カ月連続で伸びたため だとエコノミストらはみている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関78社を対象に実施し た調査の中央値では、昨年12月の貿易赤字は358億ドルと、11月の 364億ドルから縮小したと見込まれる。

新興国経済のより速いペースでの成長に加え、ドルの下落によっ て米国製品の競争力が高まり、海外での売り上げを押し上げている。 これにより、米製造業の回復が一層強まる可能性がある。

クリアビュー・エコノミクスのケン・メイランド社長は「輸出は 順調に拡大していくだろう」と指摘。「米経済の回復を反映し、輸入も 急速に伸びている」と語った。

昨年12月の貿易収支は午前8時半(ワシントン時間)に発表され る。ブルームバーグ調査での赤字の予想レンジは310億-400億ドル。

-- With assistance from Chris Middleton in Washington, Jack Kaskey in New York and Will Daley in Chicago. Editors: Carlos Torres, Brendan Murray

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta、Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Schlisserman in Washington at +1-202-624-1943 cschlisserma@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE