砂糖不足:7-9月に最も「深刻」に-ヘッジファンドのトロピックス

ヘッジファンド運用会社の英トロ ピックス・キャピタル・マネジメントによると、世界の砂糖不足は、米 国やメキシコ、インド、パキスタンの需要を背景に今年7-9月(第3 四半期)にピークに達する可能性がある。供給不足の影響で砂糖価格は 30年ぶりの高値に達した。

トロピックスの創業者でED&Fマン・ホールディングスの元砂糖 取引責任者のショーン・ディフリー氏は電子メールで「第2四半期(4 -6月)には、南ブラジルの輸出供給が最低水準に落ち込む時期に入 る」と指摘。「ロシアなどの国々は大挙して市場に戻ってくるだろう。 不足の最も深刻な状況が表面化するのは第3四半期になる可能性があ る」との見方を示した。ED&Fマンは砂糖取引大手で、ディフリー氏 は同社で16年間勤務した。

インドや中国、インドネシア、パキスタン、エジプト、ロシアは国 内価格抑制に向け砂糖の購入を計画している。このため、スイスの砂糖 調査会社キングズマンは8日、2009年5月-10年4月の不足量は 1192万トンと、昨年10月時点の予想である832万トンから拡大する との見通しを示した。トロピックスは今シーズンの不足量を500万-600 万トンと見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE