マニー株急騰、株式分割で流動性向上-優待と生産改善も

手術用の縫合針・糸などを手掛け るマニー株が急騰。今月28日付で1株を2株に株式分割すると9日に 発表、株主優待制度も新設した。株式の流動性向上と投資家層の拡充な どが期待されている。

この日は買い気配で取引を開始、午前9時10分すぎに前日比

6.7%高の6400円で6300株の売買が成立した。その後も買いが優勢 で、一時は7.5%高と、半月ぶりの日中上昇率を記録した。

マニーは株式分割を受けて2010年8月期の年間配当を90円と設 定する方針だ。前期実績も90円(記念配10円含む)だが、株式分割 を考慮すれば実質増配となる。新設した株主優待制度では、毎年8月末 に同社株100株(1単元)以上を保有する株主を対象に3000円分の 「QUOカード」を贈呈する。

いちよし経済研究所の橋口和明アナリストは「企業規模の割に株主 数が少なく、流動性が乏しいことがネックとみられていた。今回の分割 で個人投資家など投資家が投資しやすい環境が整い、注目度が高まるの ではないか」とみている。

同研究所ではマニー株の投資判断を「買い」と設定、「ニッチな領 域に特化して、参入した領域では世界トップレベルの品質を提供できて いる」と橋口氏は評価している。生産拠点を従来の宇都宮工場から労務 費の安いベトナムに移管、「足元で生産効率が改善していることも確認 できているため、今後の利益見通しが明るくなった」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE