ポールソン氏がバフェット氏に回答-公的資金は「漏らさず回収」する

前米財務長官のヘンリー・ポール ソン氏は9日、米政府が金融機関に注入した公的資金は全額返済さ れると強調した。ネブラスカ州オマハでの会合で、米投資・保険会 社バークシャー・ハサウェイを率いる資産家ウォーレン・バフェッ ト氏の質問に答えたもの。

ポールソン氏は「金融機関に投じた資金は1ペニーたりとも漏 らさず回収」し、利益も上げると語り、「政府が最終的に得るもの は想定以上になるかもしれない」と述べた。

7000億ドル(約62兆8000億円)規模の問題資産購入計画 (TARP)の下、700社余りの金融機関や保険会社、自動車メー カーが公的資金の注入を申請。ブルームバーグ・ニュースの集計デ ータによれば、バンク・オブ・アメリカ(BOA)やJPモルガ ン・チェース、ウェルズ・ファーゴなどがこれまでに計1800億ド ルを返済したほか、オバマ政権はコスト回収に向け、大手金融機関 への課金を提案した。

ポールソン氏は財務長官を務めていた2008年当時、配当5%の 優先株とワラントと引き換えに金融機関に公的資金を注入した。こ の日はバークシャーが本拠とするオマハで回顧録「オン・ザ・ブリ ンク(瀬戸際)」のプロモーションをバフェット氏と行った。同地 の商業会議所の会合で両者は壇上に並び、バフェット氏が政府救済 策についてポールソン氏に質問した。

ポールソン氏が全額回収すると答えると、バフェット氏は「そ の通りだろう」と述べた。バフェット氏は、イベント後はコメント を控えた。同氏率いるバークシャーはゴールドマン・サックス・グ ループとウェルズ・ファーゴの筆頭株主。ポールソン氏がかつて最 高経営責任者(CEO)を務めたゴールドマンには08年9月23日 に50億ドル出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE