SBI:環境・再生ファンド年内設定へ、アラブ系も出資で300億円規模

SBIインベストメントは、年内に も環境・再生可能エネルギー関連企業を投資対象とするファンドを設定 する方針だ。SBIでは環境・再生関連をIT(情報技術)、バイオ関 連に続く成長分野と位置付けており、アラブの政府系資金などを募って ファンド規模は300億円程度を目指す。

SBIインベストメントの中川隆最高執行責任者(COO、46)が 8日、明らかにした。中川氏によると、昨年1月に設立したアブダビ首 長国の政府系ファンドのマスダール・クリーン・テック・ファンドと 2000万ドル(約18億円)を折半して設定したテスト版ファンドが実際に 投資を始め次第、準備に入る計画だ。

投資先の選別を進めているテスト版では現在、日本の太陽光発電関 連などの2社を選び、早ければ5月にも投資する。新ファンドでは日本 以外のアジアの企業にも幅広く投資し、マスダール以外のアラブ政府系 ファンドなどにも出資を要請するという。投資期間は7-8年、内部収 益率(IRR)は25-30%を目指す。

SBIインベストメントはSBIホールディングス傘下のベンチャ ーキャピタル。

--取材協力:山崎 朝子 佐藤 茂 Editor:Kazu Hirano Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 小巻 Komaki Ito +813-3201-8871 kito@bloomberg.net 東京 山崎 朝子 Tomoko Yamazaki +813-3201-3119 tyamazaki@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Andreea Papuc +852-2977-6641 apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE