アルセロール・ミタルの09年10-12月期:黒字に回復

世界最大の鉄鋼メーカー、欧州の アルセロール・ミタルの2009年10-12月(第4四半期)決算は、 黒字に回復した。前年同期は一時項目により赤字となっていた。

同社の10日の発表によると、純利益は10億7000万ドル。前年 同期は26億3000万ドルの赤字だった。EBITDA(利払い・税 金・減価償却・償却控除前利益)は前年同期比24%減の21億3000 万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト13人の予想中央値で は21億8000万ドルが見込まれていた。売上高は同16%減の186億 ドルだった。

ラクシュミ・ミタル最高経営責任者(CEO)は発表資料で「非 常に厳しい環境の中で、当社はコストベースを圧縮することに成功し た。緩やかながら徐々に進みつつある回復からの恩恵を享受するため に良い状況で今年をスタートした」と説明した。

同社はまた、10年1-3月(第1四半期)のEBITDAが18 億-22億ドルになるとの見通しも示した。

-Editor: Tony Barrett, Stuart Wallace

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先 Thomas Biesheuvel in London +44-20-7073-3259 or tbiesheuvel@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simon Casey at +44-20-7673-2631 or scasey4@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE