ドバイ政府系企業がアジア資産の売却交渉開始、債務圧縮加速へ-FT

アラブ首長国連邦(UAE)ドバ イ首長国が債務軽減で資産売却ペースを速めるなか、ドバイの政府 系企業はアジアに保有する資産の売却交渉を始めた。英紙フィナン シャル・タイムズ(FT、オンライン版)が9日、事情に詳しい関 係者の話を引用して報じた。

同紙によれば、エマール不動産はシンガポールに拠点を置く小 売業者RSHの過半数の株式の売却で、買い手候補と協議している。 ドバイ・ホールディング傘下の一部門は、マレーシアの銀行バンク・ イスラム・マレーシアの持ち株40%の売却を目指しており、買い手 候補を探すためロスチャイルドを起用したという。

同紙はまた、エマール不動産によるRSH株売却では、シンガ ポールのDBS銀行が助言していると伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE