東芝:四日市でのフラッシュ増産投資を再開、8000億円投資-日経

東芝が一時凍結していた三重県四日 市市のNAND型フラッシュメモリー工場の新棟建設を再開し、2010年 度から3年間で計約8000億円を投資すると、10日付の日本経済新聞朝刊 が報じた。同メモリーの需要拡大と価格上昇を受けたもので、早ければ 11年春の稼働を目指し、月産能力を現在の約2倍に高めるという。取材 源は明示していない。

東芝は08年2月、四日市と岩手県北上市で計1兆7000億円を投じ て同メモリー増産投資を行い、世界首位を目指すと表明。いずれも09年 春に着工し10年に量産を開始するとしていたが、その後の世界的な不況 を受け凍結していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE