NY金:続伸、ギリシャ懸念後退受けたドル安で-終値1077.20ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。 ドルの下落を背景に、代替投資先としての金への需要が強まった

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は一時0.9%下落。欧州連合(EU)がギリシャの財政赤 字問題を支援するとの観測を背景にドルが売られた。先週はギリシ ャがデフォルト(債務不履行)に陥るとの懸念から、ドルの対ユー ロ相場は8カ月ぶり高値まで上昇。一方、金は3カ月ぶり安値まで 下げていた。ドルが上昇すると、金は下げる傾向がある。

ザブリオンデスク・ドット・コムのアナリスト、ジェームズ・ ムーア氏(ロンドン在勤)はリポートで、「ユーロの強含みにより、金 にいくらか買いが入った」と指摘しながらも、「EU諸国がギリシャ支 援で合意しなければ、手じまい売りが出やすい状況は続いている」と 語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前日比11ドルちょうど(1%)高の1オンス=1077.20 ドルで取引を終了した。年初からは1.7%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE