NY銅先物:約6週間ぶりの大幅高、中国の需要増観測で

9日のニューヨーク銅先物相場は 続伸。約6週間ぶりの大幅高となった。世界最大の銅消費国である 中国で需要が増えるとの見方から買いが集まった。

1月の中国の乗用車販売台数は前年同月の2倍超となり、バス、 トラックなどを含む自動車の総販売台数は過去最大となったことが、 中国汽車工業協会(CAAM)の発表で分かった。RBCキャピタ ル・マーケッツの産業用金属トレーディング責任者、アレックス・ ヒース氏(ロンドン在勤)はリポートで、1月の中国の銅輸入は約 30万トンと前月比で20%余り増加したもようだと指摘した。

ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、デービッド・ウィルソン 氏(ロンドン在勤)は「中国には自動車への潜在的需要がある。大 半の金属にとって、中国は依然として極めて前向きな材料だ」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅 先物相場3月限は、前日比7.4セント(2.5%)高の1ポンド=

2.987ドルと、中心限月としては昨年12月24日以降で最大の上昇 となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE