中国の「バブル」は2011年に崩壊へ-スイスのティベリウス

スイスのティベリウス・アセット・ マネジメントは、中国人民銀行(中銀)の「引き締め政策」により、 同国の「バブル」が2011年に崩壊するとの見通しを示した。同社は 商品を含む約18億ドル(約1600億円)の資産を運用する。

中国の規制当局は1月、インフレを抑制するため、融資引き締め 策による融資ブームの減速に努めた。

ティベリウスは9日付の月間リポートで、「当社は中国のバブ ルは2011年までに崩壊するとみている。2010年末より前ということ はないだろう」と指摘。「人民銀による一連の引き締め政策がバブル崩 壊の前提条件となる」と記述した。

同リポートはさらに、「人民銀が取った政策には、今も景気の力強 さと良好な市場トレンドが伴っている」としながらも、「その一方で、 投資家心理は年初ほど明るくない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE