鳩山首相:メーカーは率先して安全のために努力を-トヨタ問題

鳩山由紀夫首相は9日夜、トヨタ 自動車のリコールに絡む一連の問題について、「トヨタにはというか 一般のメーカーに対してだが、安全が損なわれかねないような事象が 起きた時には、できるだけ早く率先して国民や世界の人たちの安全の ために努力をされるべきだ」と述べ、早期の事態収拾に全力を尽くす よう求めた。官邸で記者団に語った。

その上で、同社が発表した新型「プリウス」などのリコール(無 料の回収・修理)について「今回はそういう立場からリコールという 判断が下されたと思う」とコメントした。

一方、東京地検に政治資金規正法違反の罪で起訴された民主党の 石川知裕衆院議員が議員辞職も離党もしない意向を表明したことにつ いては「本人の意思だが、そうなるかどうかはこれからの話だ」と指 摘。石川衆院議員の進退に関しては「近いうちに小沢一郎幹事長が石 川議員に会うことになっており、そこで判断が下される。それを見守 る必要がある」と語った。

石川氏は北海道帯広市で開いた会見で、地元の支持者から「離党 や議員辞職はせず一日も早く国会で活動をするよう励ましを受けた」 と強調した上で、「今後とも皆様方のご指導をいただき私に与えられ た職責を果たしたい」との考えを示した。石川衆院議員の発言場面は TBSが夕方のニュースで放映した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE