台湾のエイサー:10-12月純利益、過去3年で最大-シェア拡大が寄与

世界2位のパソコン(PC)メー カー、台湾の宏碁(エイサー)の2009年10-12月(第4四半期)決 算は、米デルから市場シェアを獲得したのが寄与し、純利益はほぼ3 年で最大となった。同社はまた、今年の業績が競合他社を上回る伸び となるとの見通しを示した。

9日の発表によると、純利益は35億台湾ドル(約98億円)と、 前年同期の28億台湾ドルから25%増加した。ブルームバーグがまと めたアナリスト11人の予想中央値では38億台湾ドルと見込まれてい た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Tim Culpan in Taipei at +886-2-77191541 or tculpan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Janet Ong at +886-2-7719-1542 or jong3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE