中国株(終了):4日ぶり上昇-資源・金融関連株中心に買われる

中国株式市場では、上海総合指数 が4営業日ぶりに上昇。資源価格の上昇に加え、1月の融資が急増 したとの観測から資源株や金融関連株が買われた。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)は2%高。興業銀 行(601166 CH)は1.1%、中国工商銀行(601398 CH)は0.6%それ ぞれ値上がりした。重慶港九(600279 CH)は6.4%上昇。政府が重 慶市を国内「主要」5都市の1つに選んだことが好感された。

一方、上海証券取引所で上場初日となった中国第一重型機械 (601106 CH)は下落し、指数の上値を抑えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比13.67ポイント(0.5%)高の2948.84 で終了。今年の下落率を10%にまで縮めた。上海、深セン両証取の A株に連動しているCSI300指数は前日比0.6%高の3169.19。来週 は春節(旧正月)のため市場は休場となる。

華西証券のアナリスト、ウェイ・ウェイ氏(上海在勤)は、 「市場参加者が少ないため、春節の連休前に相場が大きく動く公算 は小さい」と述べた上で、「週内は恐らく上げ下げを繰り返す相場 パターンになるだろう」と語った。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE