中国がインターネット会社1社を閉鎖、ハッキングの疑いで-WSJ紙

中国は、ハッキングに利用される悪 質なソフトウエアを供給した疑いで国内のインターネットサービス会 社1社を閉鎖した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、 オンライン版)が9日報じた。

中国国営の新華社通信を引用して伝えた同紙によると、閉鎖され たのはブラック・ホーク・セーフティー・ネット。同国で発生した複 数のサイバー攻撃における同社の役割が捜査対象となった後、社員3 人が昨年11月に逮捕されたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE