ロンドン外為:ドルと円が軟調-欧州当局がギリシャ支援との観測

ロンドン時間9日朝の外国為替取引 では、円とドルが軟調。欧州当局が今週の会合でギリシャ支援を決め るとの観測を背景に比較的安全とされる資産への需要が後退した。

欧州中央銀行(ECB)の報道官が、シドニーを訪れているトリ シェ総裁が欧州連合(EU)首脳会談に出席するため帰欧すると公表 したことを受けて、ユーロは対円での1年ぶり安値付近から持ち直し た。

ロンドン時間午前7時3分(日本時間午後4時3分)現在、ユー ロは対円で1ユーロ=122円87銭(ニューヨーク前日は121円81銭)。 5日には一時、昨年2月24日以来のユーロ安となる120円71銭を付 けていた。対ドルでは1ユーロ=1.3721ドル(同1.3649ドル)。

ドル・円は1ドル=89円54銭(同89円26銭)で取引されてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE