日産自:通期純損益予想を350億円黒字に上方修正

仏ルノーと資本・業務提携関係にあ る日産自動車は、今期(2010年3月期)の連結純損益予想を350億円 の黒字に上方修正した。新車買い替え補助金制度により販売台数が従 来計画よりも増えたことや、中国での販売台数が増加したため。

従来の純損益予想は400億円の赤字。前期(09年3月期)は2337 億円の赤字だった。ブルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト 20人の予想中央値では284億円の黒字が見込まれていた。

日産自の志賀俊之・最高執行責任者(COO)は9日、横浜市に ある本社で会見し、今期の業績について「期待以上の成果が出た」と 評価しながらも、販売の伸びは政府の刺激策によるものが大きく、「本 当の意味で需要の回復に至っていない」という見方を示した。また、 米国市場も「完全に戻っていない」としている。

今期の世界四輪車販売計画を330万台から348万台に、為替レー トを対ドルで90円から92円、対ユーロで131.6円から132円に、そ れぞれ見直した。

日産自が同時に発表した第3四半期(09年10-12月期)の連結 純利益は450億円だった。前年同期は832億円の赤字。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE