中国:今年の銅輸入は前年比半減も、刺激策解除で-五鉱有色金属

世界最大の銅輸入国、中国の銅輸入 は今年、過去最高だった昨年の水準から半減する可能性がある。政府 が財政出動を縮小し、融資の伸びを抑制しているためだという。中国 最大の金属トレーダー、中国五鉱有色金属が見通しを示した。

銅部門のゼネラルマネジャー、顧良民氏は、政府が景気過熱の回 避を目指す中で、今年の精錬銅輸入は約150万トンと、2009年と比 べて53%減少する可能性があると予想。これは08年(146万トン) にほぼ並ぶ水準だ。

銅価格は今年に入り約12%下落しており、中国の輸入減少が一段 の値下がりにつながる可能性がある。銅先物相場は昨年、2倍余りに 上昇。政府による国内在庫の積み上げと4兆元規模の景気刺激策が寄 与し、自動車や建設向けの需要が高まった。

顧氏は9日、北京から電話取材に応じ、「流動性と景気刺激なしで は、09年のような例外的な年の再現はないだろう」と指摘。さらに、 「昨年の需要は、在庫と投資需要、政府支出がけん引していた」と分 析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE