【起債予定】ラボバンク固定・変動3本立て、西日本高速3年

複数の証券会社や発行体の担当者よ ると、10日以降に以下の国内普通社債(SB)、円建て外債(サムラ イ債)、財投機関債、地方債の起債が予想される。格付け会社名は、R &Iが格付投資情報センター、JCRは日本格付研究所、S&Pがス タン ダード・アンド・プアーズの略。

●国内普通社債(SB)

関西アーバン銀行(8545)が劣後債の発行を準備している。年限 は 10年(NC5)、発行額は100億円予定。主幹事は、日興コーデ ィアル証券が務める。劣後債の格付けは、ムーディーズがAa3、J CRはBBB+としている。条件決定は17日から19日頃とみられる。

森ビル(MBDZ)が国内SBの発行を準備している。年限が3年、 発 行額は100億円を予定。主幹事は、みずほ証券、日興コーディア ル証券、三菱UFJ証券が共同で務める。格付けは、JCRがA-と している。条件決定は19日以降の見通し。

東京スター銀行(8384)が劣後債の発行を準備している。年限は 8 年(NC3)、発行額は30億円を予定している。主幹事はバーク レイズ・キャピタル証券が務める。劣後債の格付けは、JCRがBB Bとしている。条件決定は3月18日以降の予定。

三越伊勢丹ホールディングス(3099)が国内SBの発行準備をし て いる。主幹事は、三菱UF証券(事務)、野村証券、日興コーディ アル 証券、大和証券キャピタル・マーケッツが務める。格付けは、R &Iが A-としている。

●円建て外債(サムライ債)

ラボバンク(RABO NA)がサムライ債の発行を準備している。年 限5年の固定利付債と変動利付債、10年の固定利付債の3本建ての予 定。主幹事は、大和証券キャピタル・マーケッツ、野村証券、三菱U FJ証券が務める。格付けは、ムーディーズがAaa、S&PがAA Aとしている。条件決定は10日の予定。

フィリピン共和国(279379Z PM)がサムライ債の発行準備をし てい る。年限は10年、発行額は500億円程度とみられる。主幹事は、 大和証券キャピタル・マーケッツ、三菱UFJ証券、野村証券が共同 で務める。18日にも条件決定するとみられる。国際協力銀行の保証が 付く可能性が高い。

韓国石油公社(KNOCPZ KS)のサムライ債の発行は延期になった ようだ。当初は年限3年、5年、10年の3本建て、総額300億円の 発行を予定していた。主幹事は大和証券キャピタル・マーケッツ、三 菱UFJ証券、野村証券。格付けは、ムーディーズがA2、S&Pが A。 記事:韓国石油公社:サムライ債の発行を延期-市場環境などで判断

●財投機関債

西日本高速道路(WSTJPZ)が財投機関債の発行を準備している。 年限は3年、発行額は250億円の予定。主幹事はみずほ証券、三菱U FJ証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa2としている。

住宅金融支援機構(JHLCZ)が財投機関債の発行を準備している。 月次34回債、今月の中旬にも条件決定する予定。主幹事は、三菱U FJ証券、クレディ・スイス証券、日興コーディアル証券が務める。 格付けは、S&PがAAA、R&IがAAAとしている。

首都高速道路が財投機関債の発行を準備している。年限は5年、 主 幹事はみずほ証券、大和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーデ ィア ル証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa2、R&IがA AAと している。

都市再生機構(UDCZ)が財投機関債の発行を準備している。年限 が 5年、10年の2本建てで、発行総額は500億円程度の予定。主幹 事は野村証券、みずほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa 2、R&IがAA、JCRがAAとしている。

広島高速道路公社が地方公社債の発行を準備している。年限10 年、 発行額は140億円を予定。条件決定は2月中。広島県、広島市 の債務保 証付き。主幹事は、三菱UFJ証券、野村証券が務める。

福岡北九州高速道路公社が地方公社債の発行を準備している。10 年債と20年債の2本建てで、発行額は各100億円を予定している。 主幹事は、三菱UFJ証券、みずほ証券が務める。格付けは、R&I がAAとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE