東エレク:10-12月期営業黒字に転換、5四半期ぶり-投資回復で

半導体製造装置メーカー国内最大手 東京エレクトロンの第3四半期(2009年10-12月)連結営業損益は55 億円の黒字と08年7-9月期以来、5四半期ぶりに黒字転換した。

前年同期の営業損失は20億円だった。9日発表の決算短信による と、純損失も5800万円と前年同期の77億円から急減。売上高は前年同 期比13%増の1143億円だった。

同社は1月27日、通期(10年3月期)業績予想を、半導体メー カーの設備投資活発化を理由に上方修正。純損失見通しを100億円圧 縮して170億円とし、営業損失予想も210億円抑制して140億円とし ていた。

-- Editors: Chiaki Mochizuki

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE